ご自慢のお家拝見

ホーム > ご自慢のお家拝見 - ご自慢のお家拝見

深呼吸したくなる伸びやかさ 家族が集う明るいキッチン

「家族が一番長く過ごす場所なので、ダイニングとキッチンの空間を大切に考えました」とMさん夫婦。大きな窓からは目の前の公園の緑がよく見える。奥にはスタディコーナーも設けた。

詳しく見る

好きなモノを一緒に掘り下げ 土地探しから二人三脚で

高い勾配天井と無駄のない設計でのびのびと開放感のある空間となった2階LDK。
家事のしやすさもきちんと計算されている。しっかりした質感と暖かみのある色合いの床はカリン無垢材を使用した。

詳しく見る

畳リビングに無垢杉材の床 素足が似合う湘南の暮らし

玄関からほとんど仕切りのないオープン設計。床、階段、扉もすべて杉の無垢材で統一。構造柱は杉4寸角、大黒柱も檜のみがき丸太を採用。棟梁手作りの無垢材の階段が美しい。

詳しく見る

雑貨の似合うリビングと 家族が集う居酒屋キッチン

「雑貨ショップのようなリビングにしたい」という夫人のイメージを丁寧に形にして完成したLDK。床はナラの無垢をアンティークなブラウンに塗装。壁は少し光沢のあるスイス漆喰の左官仕上げ。キッチン奥には冷蔵庫も収納できるパントリーや水周りがあり、家事もスムーズ。

詳しく見る

デザインも価格も自分らしく、自然素材で造る家

高い位置の窓から降り光が注ぐLDK。勾配天井がダイナミックな開放感を生んでいる。床はカリン無垢材。「見て心地よいものでつくりたかった」というSさん夫婦。部材だけでなくサッシやスイッチカバー、ドアストッパーまでひとつひとつ丁寧にセレクトした。

詳しく見る

無垢材や自然の力を利用した工法で、「季節」と「自然」を感じる住まい

家の裏手に広がる豊かな緑を毎日眺められるように、2階のリビングはあえて北側に配置。トップライトを設けることで明るさを十分に確保した。床材には店舗などに用いられるタイルカーペットを採用するなど、部材選びにもこだわりを感じる。

詳しく見る
_MG_1846_R

綺麗な空気と家族の居場所、背伸びせずに叶えた20代の家

「ごろんとできる場所がほしかったので」と、リビングの一部に小上がりの畳コーナーを設けた。子どもたちのお昼寝や赤ちゃんのおむつ替えにも便利で、畳下は収納にとフル活用されている。

詳しく見る
110A0861

家族みんなが心地いい!!キレイな空気の二世帯住宅

通気断熱WB工法で二世帯住宅を建築されたTさんご家族。家の中はいつも穏やかに空気が循環し、心地よい温度に保たれている。壁は珪藻土の塗り壁仕上げ。プライバシー確保と明るさを両立する開口の工夫も見所。

詳しく見る
kodawari http://www.assisthome-wb.jp/hayama/hayama.html