こだわりのブランドHAYAMA

ホーム > こだわりのブランドHAYAMA - 通気断熱WB工法とは

通気断熱WB工法とは

通気断熱WB工法は、「風通し」を「通気」というかたちで住まいに取り入れました。夏は涼しく、蒸れない構造です。また、冬は暖かさを保つために、十分な断熱性を確保しています。
本来、通気と断熱は相反する状態となり、両立することはたいへん難しいとされてきました。しかし、通気断熱WB工法は、この通気と断熱を両立し、夏冬快適な環境をつくりだします。

通気断熱WB工法の詳細は下記のサイトをご覧ください。
通気断熱WB工法ホームページ:http://www.wb-koho.com/

空気の流れ

通気断熱WB工法の家は、人間の気管支呼吸のように壁の中に空気を通して、皮膚呼吸のように壁から湿気を排出します。この2つの呼吸で室内の有害物質を排出しクリーンな室内環境をつくりだします。

空気の流れ

電力をできるだけ使用しない仕組み

通気断熱WB工法は、夏は自然に起こる上昇気流を利用して建物内の無駄な熱を排出し、冬は暖房した空気を逃がさないよう開口部を閉じることで、冷暖房に使う電力をできるだけ減らせるように工夫しています。
また、夏と冬の切り替えを行う際に必要となる換気口の開閉も電力を使用しないよう、熱感知式形状記憶合金を採用しています。自然の温度を感知して自動的に開閉できる仕組みは、これからの節電対策として重要なポイントです。

湿気を通す壁

内壁と断熱材の間に空気の通り道があるため、湿気は壁を通って屋外に排出されます。また、有害な化学物質も空気と一緒に屋外へ排出されるので、室内はいつもクリーンで快適な空気を保ちます。

気温に反応する形状記憶合金の換気口

換気口に熱感知式形状記憶合金を使用しているので、暑くなると熱感知式形状記憶合金が縮んで通気口が開き、寒くなると伸びて通気口が閉まります。
四季を感じて、自動で通気性、機密性を保ちます。

モダン nachuraru ご自宅拝見