家づくりの疑問にお答え

ホーム > 家づくりの疑問にお答え - 税金

税金

家を建てるときにかかる税金には、どのようなものがありますか。
消費税を別にすると、家を建てるときにかかる税金には、契約時に契約書に貼る印紙(印紙税)や不動産登記にかかる登録免許税があります。
これらは、一般的に契約するときに諸費用として支払います。これらの金額は契約金額によって異なります。
また、不動産を取得した場合は、不動産取得税も必要になります。
家を建てたあとに発生する税金には、どのようなものがありますか。
固定資産税・都市計画税があります。不動産の評価額によって異なりますが、4,000万円程度で10~20万円(年額)です。年数によって減価するので、金額には変動があります。