家づくりの疑問にお答え

ホーム > 家づくりの疑問にお答え - 住宅ローン

住宅ローン

住宅ローンの利用を考えていますが、金融機関の審査とはどのような内容でしょうか。
審査には、次のようなさまざまな項目・基準があります。
たとえば、収入に対する住宅ローンの返済額の比率(年収によって30~35%)、職業や勤務先の業績、勤続年数、住宅ローン以外の借入金、金融機関との取引状況、健康状態などです。総合的に審査は行われますが、どの審査項目に重きが置かれるかは、住宅ローンを利用する金融機関によって異なります。
住宅ローンの返済期間は、どのように決定すればよいですか。
一般的には、年間に110万円を超えると贈与税の課税対象になります。
基本は、「可能な限り短くすること」と「退職までに返済を終了すること」です。
返済期間を長期にすればするほど、毎月の返済額は減りますが、返済額は増えます。ただし、無理をして多額の返済金を設定すると、余裕がなくなったときに、二進も三進もいかなくなります。繰り上げ返済という方法もありますので、少し長めに設定しておき、余裕のあるときにしっかり繰り上げ返済するというのも有効です。
住宅ローンの返済者が病気等で死亡したとき、ローンの返済はどうなるのですか。
不測の事態が起こったとき、保険金で住宅ローンの残金を清算できる生命保険があります。
住宅ローンを申し込む際、団体信用生命保険に加入しておけば、もしものときの保障が受けられます。
住宅ローンを借りる際に必要になる費用にはどのようなものがありますか。
住宅ローンを利用するときは、以下の費用が必要になります。

印紙代金
金銭消費貸借契約の契約書に貼る印紙(印紙税)です。金額は、借入金額によって異なります。

事務手数料
住宅ローンの金銭消費貸借契約時は、融資の手数料がかかります。

抵当権登記設定費用・抵当権登記設定手数料
住宅ローン融資の抵当権を敷地・建物に設定するときの費用です。

保証料
住宅ローンの返済が困難になった場合に、返済を信用保証会社に肩代わりしてもらうための費用で、ローンの借入時に金融機関に支払います。

団体信用生命保険料
住宅ローンを借りている人が死亡した場合に、住宅ローンの残債を保険金で清算できる生命保険のことです。

火災保険料・地震保険料
火災保険料金と地震保険料金です。火災保険は義務付けられています。