家づくりへの想い

ホーム > 家づくりへの想い

新築・建替えについて アシストホームが思うこと

家の建て替え、簡単には決断できませんね。


日本の住宅は土地とセットでの建売方式・売建て方式で建てている場合が多く見られます。それは総金額を買いやすい金額に設定して建築費用を頭で押さえるやり方です。よって、見えない所・素材・構造にこだわりを持ち建てることはとうてい出来ません。そのシステムが新築住宅の多くを占めているのです。高い土地に安い家・・・

 
良い物を適正価格で購入する事が重要と考えます。

日本の家屋は耐久年数が短く、一世代一軒近くなっているため、いくら所得が多くても世代交代のたびに資金を投入するようになり、結果お金に余裕が出来ず、心にも余裕がない事になっているようです。

長持ちする家、それはプランニング・素材・施工方法・施工技術等によってかなり変わってくるのです。

プランニングを例にとってみると単に間取りを並べただけになっていませんか?
構造・動線・採光・空気の流れ・メンテナンス性等、どれだけ考慮しているのでしょうか。
新築・建替え等をお考えになるさいには上記のことは重要なポイントです。
住まいの基本性能や将来を見据えたライフスタイルがしっかり考えられていれば問題はありません。
建築後はメンテナンスをしっかりしていけば三世代・四世代と長く住んでいただけるのです。
長く住んでいると家族構成・生活習慣・素材・環境・流行などが変わってきますが、それにあわせるように住まいも変わっていくことが自然です。

家は増築や改築を繰り返しながら長く住んでいただけることが重要と考えます。

増改築が出来る住宅ってどんな工法と思われますか?
2×4・軽量鉄骨・プレハブ等々は増改築には適さない事をご存じですか?
そうです、在来木造軸組工法は昔からある日本の住宅で、増改築にも適した工法なのです。

また、高気密高断熱の住まいがいま、とってもはやっています。この工法が多くなってきたために、室内の有害科学物質の濃度が夏場高くなり、人の体に入りシックハウス症候群は多く発生し、悪くすると科学物質過敏症を発症し大変深刻な事態が発生しております。
この事を踏まえ建築基準法は24時間換気を義務づけるよう法改正されたのです。

本当に1年中同じ室内温度であることが人にとって良いことなのでしょうか?

昔から化学物質は家の他にも家具・洗剤・殺虫剤・たばこ・ヘアスプレー等多く身の回りにありました。
昔のすきま風が多い家にはシックハウス症候群は発症はしなかったのです。
また、高温多湿の日本の夏、この暑さに対応したのが昔ながらの夏涼しい日本建築なのです。
しかし、冬はすきま風が多くとても寒い欠点がありました。その寒さに耐えそれを美としていたのが日本人でもあったのでしょう。



そこで当社は木造軸組工法にこだわり、また夏涼しい利点と冬暖かい利点を兼ね備え、自然に換気を行っているWB工法を採用し、本当の快適さを考え、お客様が笑顔で長く住み続けていただけるよう地域に密着した工務店・設計事務所としてアシストしております。
   
h2-title h2-title (1)